Gioielli Poetici

Gioielli Poetici

伊藤治子 (Haruko Ito) 親愛なる治子さん 女子美の陶芸科を卒業され、ミラノにいらっしゃりたいとのこと。私は95年3月に工芸科陶芸コース伊藤公象先生のもとを離れ、同年5月末にミラノに来ました。この国を選んだ理由は英語と寒い所が苦手なこと。イタリアのアルテ・ポーヴェラに惹かれていたこと。そして何より自国、家族、友人を離れるのであれば、最低限「食文化が栄えている」こと。美味しいご飯は心も体も癒す。「食」は人を良くする。...